他の治療法との比較本数別の治療CASE

インプラント治療を考える
タイミングとは
インプラント治療は、すでに歯を失った部位に対して、
あるいは、これから抜歯が必要な部位に対して抜歯後に行う治療法です。
歯を1本~数本失った場合はもちろん、
すべての歯を失った場合もインプラント治療の適応となりますが
>その場所と内容によって適した治療法があります。

歯を失う主な原因

  • 歯周病や虫歯の進行で歯を失った時
  • 歯根破折または事故により歯を失った時
  • 生まれつき歯が足りない(先天性欠損歯)
歯を失ったままにしておくと、咬み合わせのバランスが崩れるだけでなく
顔の輪郭が変化して老けて見られたり、発音が不明瞭になり会話が億劫になるなど
心理面にも大きな悪影響を及ぼす恐れがあります。
病気や事故で歯を失ってしまった方、あるいは生まれつき歯が足りない方は
そのままにせず
できるだけ早く歯科医院までご相談ください。

歯を失う影響について詳しく見る

歯を失った際の治療法

*
歯を失った際の治療法
1〜数本の歯
失った場合

横にスワイプしてご覧ください。

  • ブリッジ
    *

    隣接する歯を削り、橋のように連結された人工の歯を被せる治療法

    メリット
    • 固定されるため違和感が少ない。
    • 自由診療の材質次第ではきれいな見た目になる。
    • 治療期間が短い。
    • 保険診療のものであれば比較的費用を抑えられる。
    デメリット
    • 隣接する歯を削らないといけない(神経の処置が必要になる場合も)。
    • 本来失った歯が受けるべき負担が、隣接する歯にかかるため傷みやすい。
    • 食べ物が歯肉との間に挟まると虫歯のリスクが高くなる。
    • 歯根が無いため、歯ぐきが次第にやせて歯との隙間が出来てくる。
  • 部分入れ歯
    *

    隣接する歯に金属のバネ(留め具)をかけ、人工歯をはめる取り外し式の治療法

    メリット
    • 治療期間が短い。
    • 自由診療の材質次第ではきれいな見た目になる。
    デメリット
    • 金属のバネ(留め具)をかける隣接する歯に負担がかかる。
    • 金属のバネが見え、見た目がよくない。
    • 天然の歯に比べると咀嚼機能が劣る上に、違和感が大きい。
    • 歯ぐきと入れ歯の隙間に物が詰まりやすい。
  • インプラント
    *

    人工の歯根(インプラント体)を埋入し、人工歯(上部構造)を被せる治療法

    メリット
    • 歯を失った部分のみの治療で、隣接する健康な歯に負担をかけない。
    • 歯ぐきに咬む力がかかるので、歯ぐきがやせない。
    • 自然に強く噛める。
    • 見た目も機能も天然の歯に近く、日常生活における違和感が少ない。
    デメリット
    • 保険適用外(自由診療)なので治療費が高額になることがある。
    • 手術が必要になる。
    • 治療期間・時間がかかる。

前歯の治療

*

前歯は人目につきやすいことから、何らかの原因で歯を失った場合、できるだけ目立たない、自然な見た目になれる治療方法をおすすめしています。
ブリッジ、部分入れ歯、ともに保険適用の素材であれば安価に治療できますが、自然な見た目を追求する場合は保険適用外(自由診療)の素材が最適です。

  • ブリッジ
    内側に金属が使われているため、時間の経過とともに金属の溶け出しによって歯肉が黒っぽく変色してしまい、前歯だと特に変色が目立ってしまうこともあります。
  • 部分入れ歯
    金属のバネ(留め具、クラスプ)が目立ってしまうため、前歯を部分入れ歯にする場合は金属を使わないノンクラスプデンチャーがお勧めです。
  • インプラント
    アバットメントや上部構造で、ジルコニア、セラミックなどの使用により、自然な色味で変色しにくく歯ぐきが黒ずむ心配がない、審美性に優れた治療が可能です。

奥歯の治療

*

奥歯は食べ物を噛む際に重要な役割を果たしており、大きな力がかかるので耐久性に優れた治療法・素材選びが必要になります。

  • ブリッジ
    ブリッジを支える隣の歯に過大な力がかかり、強く噛むとぐらついたりする可能性があります。
  • 部分入れ歯
    入れ歯の噛む力は天然歯の約4分の1程度と言われており、長期間使用しているとぐらぐらしてより使いづらくなってきます。
  • インプラント
    咬合力は天然歯とほぼ同じで、インプラントの素材であるチタンは骨に根付く性質を持つため、時間とともによりしっかり噛めるようになります。
*
歯を失った際の治療法
ほとんどの歯、
全ての歯

失った場合

横にスワイプしてご覧ください。

  • ブリッジ
    *

    隣接する歯を削り、橋のように連結された人工の歯を被せる治療法

    ブリッジを行うには
    支えとなる歯が必要なため、
    歯が無い場合は行えません。

  • 部分入れ歯
    *

    人工の歯と人工の歯ぐき(床)が一体化した入れ歯を歯ぐきの上に載せる、取り外し式の治療法

    メリット
    • 治療期間が短い。
    • 自由診療の材質次第ではきれいな見た目になる。
    デメリット
    • 入れ歯を固定する力が弱く、動いたり、すれたりする。
    • 硬いものが咬みづらい。
    • 床によって、味や温度がわかりづらい。
    • 違和感を感じやすく、喋りづらい。
  • インプラント
    *

    複数の人工の歯根(インプラント体)を埋入し、人工歯(上部構造)を被せる治療法

    メリット
    • 歯ぐきに咬む力がかかるので、歯ぐきがやせない。
    • 自然に強く噛める。
    • 見た目も機能も天然の歯に近く、日常生活における違和感が少ない。
    デメリット
    • 保険適用外(自由診療)なので治療費が高額になることがある。
    • 手術が必要になる。
    • 治療期間・時間がかかる。
入れ歯の使いにくさを
解決し、
通常の
インプラント
よりも経済的な治療法

歯を失ってしまった場合の治療法として、総入れ歯や部分入れ歯、通常のインプラントの他に、2〜4本のインプラントで入れ歯全体を固定する「インプラントオーバーデンチャー」という治療法があります。

インプラントオーバーデンチャー
について
詳しく見る

入れ歯+インプラント

一人ひとりに最適な
治療方法をご提案します

*

当院では、それぞれの治療法についてメリット、デメリットをしっかりとお話しして、その人に最も適している治療法を提案させていただきます。決して無理にインプラントを勧めるようなことはありません。
デメリットもいくつかあるインプラント治療ですが、多くの方が気にされることは、保険適用外のため治療費用が高くなることかと思います。
ただ、歯を失ってしまっても、残った歯を長持ちさせていつまでも美味しい食事を楽しんだり、心身ともに健康に過ごしていけるのならば、インプラント治療に掛かる費用以上に価値があるのだと思います。
インプラントをお考えの方は、まずはお気軽にご相談ください。

あなたにとって豊かな人生を…

*

西葛西杉井歯科クリニックで
「インプラント治療」をお考えの方へ

無料カウンセリング:歯科用CTの検査結果を元に分かりやすく丁寧にご説明します*

*

  • お電話から無料カウンセリングのご予約・お問い合わせ

    お電話から無料カウンセリングのご予約・お問い合わせ
    03-3878-6480
  • 24時間受付 WEB予約
ページの先頭へ戻る