滅菌・衛生システムHYGIENE SYSTEM

徹底した感染予防管理で
安全・安心な診療を行います
インプラント治療に限らず、全ての歯科診療で感染予防対策は重要です。
治療技術や最新の設備がある環境であっても、滅菌、消毒のされていない機器や器具を使用することは
感染リスクが高くとても危険です。
当院では、世界基準の滅菌システムを採用し、
手術は消毒された診療室にて行うなど、大学病院に準ずる体制で臨んでおります。
インプラント治療を成功させるためには、
徹底した衛生管理で安全な環境を作ることが欠かせません。

世界基準の洗浄・滅菌システム

高性能な設備を用い、
衛生管理を徹底

Vacuklav 31B+ 世界最高水準 クラスB

滅菌はクラスBのオートクレーブ(高圧蒸気滅菌器)で
世界基準の滅菌を行います
クラスBのオートクレーブは優れた滅菌性能があり、医療先進国のヨーロッパ規格EN13060においてクラスB条件をクリアした高圧蒸気滅菌器です。
徹底的な空気除去による真空蒸気滅菌を行うことで複雑な形状、様々な種類の治療器具も滅菌が可能です。
< クラスBとは >

ヨーロッパ規格EN13060では滅菌器の性能要件とそれに付随するテスト方法が規定されていて、クラスN、クラスS、クラスBとクラス分けされています。その中で唯一クラスBのみが、全ての形状の被滅菌物(固形、中空物、多孔体、一重包装、二重包装)を滅菌できる、優れた滅菌器なのです。

当院導入!はクラスB

使用済器具の洗浄・滅菌の工程

  • 自動洗浄

    使用済み治療器具の高圧洗浄
    高性能洗浄機ジェットウォッシャーで使用済みの治療器具を高圧洗浄します。複雑な構造の器具も徹底的に洗浄することが可能で、感染の原因となる血液や唾液などを落とすことはもちろん、熱水消毒によってB型肝炎ウイルスなどの耐熱性病原体も不活性化されます。

    *

    ハンドピースの自動洗浄・注油
    歯の切削や研磨などで使用する「ハンドピース」は、専用の洗浄・注油器によって的確に洗浄し、メンテナンスを行います。
    手洗いでは不可能な内部の清掃や汚れの除去まで行うことができ、手洗いによる感染リスクも軽減できます。

    *

  • 器具の包装

    滅菌前に器具を包装
    洗浄の完了後、器具を滅菌する準備として一人分ごとに専用のパックに個装し、密封状態にします。
    ※ハンドピースは滅菌後に包装します。

    *

  • 滅菌・消毒

    世界最高基準クラスBの滅菌器で徹底滅菌
    診療器具の内部にまで付着した細菌やウイルスを徹底的に死滅させるため、世界最高基準の滅菌器で完全に滅菌を行います。
    Vacuklav 31B+ 世界最高水準 クラスB

    *

    ハンドピース専用滅菌器での滅菌
    ハンドピースは専用滅菌器で滅菌します。専用機器ならではの構造・機能によって、器具内部、細かな隙間まで高圧蒸気を巡らせることができ、隅々まで滅菌することができます。
    ハンドピースは滅菌完了後、専用のパックに個装し密封状態にします。

    *

インプラント治療における
感染予防策

滅菌された環境での
インプラント手術

オペを行う診療室の
清掃・消毒の徹底

インプラント手術を行う前には必ず診療室の清掃と消毒をしっかりと行います。手術器具を置く台やその周辺には滅菌処理された使い捨てのシートを敷き、器材なども滅菌処理されたもので覆い、滅菌された環境でインプラント手術を行います。

  • *

    診療室の清掃・消毒

  • *

    使い捨てシートを使用

安心・安全な使い捨て器具の利用

使い回しによる感染を防ぐために、滅菌できない器具は、患者様お一人お一人に可能な限りディスポーサブル(使い捨て)製品を使っています。
特にインプラント手術では、完全滅菌された使い捨ての専用グローブや手術着を着用します。

  • *

    完全滅菌されたグローブ

  • *

    完全滅菌された手術着

< 主なディスポーザブル製品 >

  • ・注射針
  • ・麻酔液
  • ・メスの刃
  • ・マスク
  • ・グローブ(ゴム手袋)
  • ・ペーパータオル
  • ・紙コップ(フタも)
  • ・紙エプロン
  • ・ブランケットシート(器具用のテーブルカバー)
  • ・キャビネットのシート
  • ・ヘッドレストのカバー
  • ・ユニットのカバー類
  • ・電動注射器の注射針 及び 注射液のカートリッジ
  • ・滅菌パック(滅菌処理された器具を入れる袋)
  • など
インプラント本体も製造工場から滅菌された状態で運ばれ、
医院で保管します。
埋入する直前まで開封することありません。
埋入の際、唇や舌、歯肉などに触れてしまった場合や、非滅菌のものに触れた場合には破棄し、新しいものを使用します。

*

オペチーム内の分担制

インプラントオペでは、オペを行う以外にも必要な器具や材料の準備、CT撮影、モニター操作など、滅菌されていない器具に触れたり、滅菌状態に無い状況下での作業も必要になります。
そのため当院では、完全滅菌されたグローブや手術着を着用して治療を行う「執刀医」とそのサポートにあたる「第一助手」とは別に、「第二助手」として非滅菌作業を行うスタッフを配備しています。複数人体制で役割分担することで、滅菌と非滅菌を完全に分けることができ、より徹底した感染対策を行うことができるのです。

執刀医、第一助手は滅菌。第二助手は非滅菌。*

専任のクリーンスタッフが在籍

*

専任のクリーンスタッフを雇用するなど、
患者様が安心して受診できる医院環境を作ります
滅菌処理など感染予防への取り組みは、患者様の目で確認できるものではありませんが、安心、安全な歯科診療を行う上でとても大切なことです。
だからこそ、一般的には「歯科助手」がドクターや衛生士の診療サポートをしつつ器具の洗浄や滅菌も行いますが、当クリニックでは専任の「クリーンスタッフ」が在籍しており、業務を細分化して分担することで、より効率的かつ細部に配慮した衛生管理、院内感染予防を可能にしています。

スタッフ全員が
衛生管理への意識を
高く持っています

  • *
  • *
  • *

西葛西杉井歯科クリニックで
「インプラント治療」をお考えの方へ

無料カウンセリング:歯科用CTの検査結果を元に分かりやすく丁寧にご説明します*

*

  • お電話から無料カウンセリングのご予約・お問い合わせ

    お電話から無料カウンセリングのご予約・お問い合わせ
    03-3878-6480
  • 24時間受付 WEB予約
ページの先頭へ戻る