料金表PRICE

インプラント治療にかかる
費用について
インプラント治療費の相場や医療費控除の有無など
インプラントに関わるお金について説明させていただきます。

インプラントの相場とは

骨の状態や担当歯科医師の
技量、
使用する材料により
大きく差がでます

インプラント1本 30〜50万円 手術準備、埋入、型取り、上部構造を含めた総額
骨造成(オプション手術) +5〜20万円 顎の骨が不足している場合歯周組織を再生して増やす

インプラント体自体の相場は、手術準備、埋入手術、型取り、上部構造を含めて、1本につき総額30~50万円(骨量が十分にあり骨造成が不要な場合)となります。また、顎の骨が不足している場合は骨造成が必要となり、さらに5~20万円ほど追加でかかります。
上記のように患者様一人ひとりの骨の状態によって大きく差がありますし、執刀する歯科医師の技術や使用する材料などによっても変わってきます。まずは無料相談などで実際に診査した上で、個々に合った見積もりを出すことが必要となります。

インプラントは
どうしてこんなに高いの?
安いインプラントも
あるみたいだけど…

歯科医院によって値段に差があるワケ歯科医院によって値段に差があるワケ

安いのには理由があります

歯科医院やインプラントのサイトで「低価格で高品質」「格安インプラント」と書かれているのを見たことがある方もいるのではないでしょうか。
相場より格段に安いインプラントはそれなりの理由があり、無計画に埋められたインプラントは数年後に撤去の上再治療が必要になる可能性も。多くの時間と費用を費やし、結果的に患者様を苦しめることになる安価なインプラントには、十分にご注意ください。

使用しているインプラント
メーカーや
システムが違います!

世界シェアNo.1の安心実績ストローマンインプラント
*

例えばインプラントの土台や上部構造の材質など、材料費を安く抑えれば当然治療費を抑えることができます。しかし、「安さ」を追求するあまり安価な素材を選択すると耐久性も低くなり、インプラントの寿命が短くなることで結果的に治療費がかさんでしまう恐れもあります。
当院が採用しているストローマンインプラントは世界シェアトップレベルの信頼性の高いメーカーです。歯周病に強い抵抗力があり、安全性と耐久性に優れたインプラントで、10年後、20年後も健康なお口を維持することが可能なのです。

歯科医師の技術と臨床経験が
違います!

知識 技術 経験
*

歯科医師だからといって均等に同じレベルでの治療が行えるわけではありません。安価な一方で臨床経験が少ない歯科医師や、若手でこれから経験を積もうと考えている歯科医師と、多くのセミナーや学会に参加して研鑽を積むことを何年も繰り返し、知識・技術・経験ともを身につけた歯科医師の治療なら、どちらを選びますか?
西葛西杉井歯科クリニックでは、十分な研鑽を積んだ複数の歯科医師でチームを編成し、知識と技術を集結させることでより精度の高いインプラント治療を行っており、治療費に見合った「安全で質の高い治療」をお約束します。

安心・安全のための設備投資が
違います!

世界最高基準 クラスB滅菌器 的確な診断歯科用CT 信頼できる安全な手術インプラントシステム
*

西葛西杉井歯科クリニックでは、院内感染予防を徹底し、安全なインプラント治療が行えるように、惜しみない設備投資を行っております。

  • *

    院内感染予防への取り組み
    世界最高基準の滅菌器やハンドピース専用滅菌器、高性能洗浄器といったハイレベルな衛生設備の導入をはじめ、手術着やオペ用グローブなど通常よりコストのかかる専用の器具も、滅菌できないものは使い捨てを徹底しております。
    患者様から見えない部分もしっかりと管理する、それが安全な治療の大原則です。
  • *

    的確かつ安全なオペのために
    精密な診断と綿密なシミュレーションを行うために欠かせない歯科用CTや専用ソフトの導入、さらには安全なインプラント埋入を行うためのサージカルガイドなど、「インプラント治療のための設備」も充実し、より質を高めることができます。

患者様の心と体に配慮した
サポート力が違います!

患者様の全面サポート
*

インプラントのオペとなると緊張される場合が多く、血圧も高くなりがちです。そこで、まずはオペの内容を丁寧にご説明し、不安なことや不明な点などをお聞きすることで、緊張がほぐれリラックスしてオペに臨めるように細やかに配慮していきます。
また、インプラント治療を行う前にインプラントの大敵である歯周病のケアをしっかりと行い、治療後も定期的なメインテナンスで埋入したインプラントに問題がないか確認していきます。

保険の適用について

インプラント治療は保険適用?
それとも保険適用外?

一般的な症例では、インプラント治療は保険適用外(自費診療)です。
しかし、下記の条件に一つでも当てはまり、病気や事故によって大きなあごの骨を失った場合に限っては保険適用となります。

  • 生まれつき顎骨の1/3以上が連続して無い場合
  • 上顎の1/3以上が連続して無く、鼻腔や副鼻腔へ繋がっているという診断がされた場合
  • 下顎の1/3以上が連続して無く、病気などによって切除が望ましいと診断された場合

保険でインプラント治療を行うには他にもいくつかの適応条件がありますが、特定の医療機関でしか行えません。20床以上の入院用ベッドがある病院の歯科や歯科口腔外科、大きな総合病院または大学病院など…
ただし、上記のような症例は稀ですので、ほとんどのケースは保険適用外の自由診療になるとお考えください。
なお、高額療養費制度は保険診療でのみ適用ですので、インプラントを含めた自由診療は適用となりません。

料金表

治療前検査費など
*
CT撮影
顎の骨やお口の状態などを把握するためにCT撮影を行います。的確な診断、安全なインプラント手術に役立ちます。
同部位を何回撮影しても追加費用は発生いたしません。

インプラント
検討中の方に限り

無料

通常は5,000円

※価格は税抜きです
基本となる治療費
*
手術準備
手術環境の準備、術後の消毒、経過観察、投薬など、安全な環境・万全の状態でインプラント手術を行うために必要な、様々な準備の費用です。
本数による費用変動はありません。

20,000円

*
サージカルガイド作成
計画通りに安全・正確なインプラント埋入を行うための、マウスピース状のガイドです。計画通りの安全な位置・角度・深さへインプラントを埋入でき、手術時間の短縮、低侵襲で患者様の負担を軽減できます。

インプラント体の
本数に関わらず

50,000円

*
インプラント体埋入手術
歯を失ってしまった部分の顎の骨に、生体親和性の高いチタン製のインプラント(人工の歯根)を埋め込みます。骨の量が少ない方や、全身の疾患によっては行えないこともあります。

160,000円

*
型取り
インプラントと骨の結合が確認出来たら、上部構造を作るための型取りを行います。

無料

*
上部構造*アバットメント費用含む
インプラント体の上に被せる上部構造(人工歯)を装着します。2種類から、ご自由にお選びいただけます。各金額には、インプラント体と上部構造をつなぐ連結部分「アバットメント」の費用も含まれます。
※症例によりアバットメントのカスタムが必要な場合は、各上部構造の価格にプラス1万円
上部構造の種類※選択可 *
ハイブリッドセラミッククラウン
セラミックとプラスチックを混ぜ合わせた被せ物で、周囲の歯にダメージを与えにくい、やわらかい材質です。

150,000円

*
オールセラミッククラウン
天然歯と変わらない透明感・色調を再現できます。金属を使用しないため、アレルギーや溶け出しによる黒ずみの心配がありません。

170,000円

※価格は税抜きです
その他のオプションなどの費用
(必要な方のみ)
*
GBR
上下の顎に関わらず、骨が足りない部位に特殊な専用膜を使用して骨を足す治療です。

60,000円〜

*
ソケットリフト
上顎の骨の高さ(垂直的な厚み)がないときに骨を足す手術です。

50,000円

*
サイナスリフト
上顎の骨の幅(水平的な厚み)がないときに骨を足す手術です。

150,000円〜

*
リッジプリザベーション(ソケットプリザベーション)
抜歯後に骨補填材を用いて骨を保存し、再生させる手術です。

50,000円

*
ロケーター
インプラントオーバーデンチャーで、インプラント体と入れ歯を固定するために使用するボタンのような装置です。

1本あたり

70,000円

※インプラント手術は基本的に、虫歯や歯周病などの治療後の処置となります。虫歯・歯周病の処置は保険診療にて行います。

各種クレジットカード、
ローンがご利用可能です

  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *

クレジットカードのご利用は自由(自費)診療のみとなっております。

医療費控除の利用を
お考えの方へ

医療費控除とは、自分自身や生計をともにする家族のために医療費を支払った場合に受けられる、一定の金額の所得控除のことです。
歯の自由診療は、高価な材料を使用することが多く治療代も高額になる場合があるので医療費控除の対象となります。
毎年1月1日〜12月31日に支払った分を翌年3月15日までに確定申告をすると医療費控除が適用され、税金が還付されます。
医療費控除の対象となる金額は、次の式で計算した金額(最高200万円)です。

医療費控除額(最高200万円)=(支払った医療費の額ー保険金などで補てんされた額)ー10万円※ ※所得金額の合計が200万円未満の人は、所得金額の5%になります。

医療費控除額(最高200万円)
=( 支払った医療費の額 ー 保険金などで補てんされた額 ) ー 10万円

※ 所得金額の合計が200万円未満の人は、所得金額の5%になります。

例) 課税所得金額が500万円の人の場合、
扶養家族である子供の矯正治療費に年間90万円かかったならば、「医療費控除額=90万円10万円=80万円×税率30%=24万円
つまり、矯正治療に費やす費用は実質、90万円24万円=66万円で済んだことになります。
医療費控除の税率と医療費の軽減額はこちらの表をご覧ください。

課税所得金額 税率
所得税+住民税
医療費(円)
50万円 70万円 90万円 110万円 130万円 150万円
~195万円以下 15% 60,000 90,000 120,000 150,000 180,000 210,000
195万円超~330万円以下 20% 80,000 120,000 160,000 200,000 240,000 280,000
330万円超~695万円以下 30% 120,000 180,000 240,000 300,000 360,000 420,000
695万円超~900万円以下 33% 132,000 198,000 264,000 330,000 396,000 462,000
900万円超~1800万円以下 43% 172,000 258,000 344,000 430,000 516,000 602,000
1800万円超~ 50% 200,000 300,000 400,000 500,000 600,000 700,000

*

※タップで拡大

医療費控除の手続きは、お住まいの住所を管轄する税務署へ医療費控除に関する事項を記載した確定申告書を提出して下さい。
その際、医療費の支出を証明する領収証や通院にかかった交通費などについて確定申告書に添付するか、提示する必要があります。

西葛西杉井歯科クリニックで
「インプラント治療」をお考えの方へ

無料カウンセリング:歯科用CTの検査結果を元に分かりやすく丁寧にご説明します*

*

  • お電話から無料カウンセリングのご予約・お問い合わせ

    お電話から無料カウンセリングのご予約・お問い合わせ
    03-3878-6480
  • 24時間受付 WEB予約
ページの先頭へ戻る